Dr. Reddy’sおよびGRAがアビガンにおける臨床的に意義深いデータを発表

サブグループ解析において、COVID-19で入院した低リスクの患者が退院に至るまでの期間が、3日間早まることが確認されました

クウェート – 2021年1月27日 – Dr. Reddy’s Laboratories Ltd.(BSE: 500124、NSE:DRREDDY、NYSE:RDY、NSEIFSC:DRREDDYおよびその子会社を総称して「Dr. Reddy’s」という)およびGlobal Response Aid FZCO(GRA)は本日、クウェートで行われた中等度~重度のCOVID-19による入院患者を対象としたアビガン試験の結果を発表しました。

低リスク(入院時のNEWSスコアが低い)試験のコホート(n=181)が対象となるサブグループ解析では、退院までの時間の副次的評価項目について、プラセボ投与群と比較してアビガン投与群で3日早く退院するという結果を示しました(8日対11日、p=0.0063)。 このエンドポイントは事前に定義したもので、この試験では大部分の被験者の統計的に有意な結果が確認されました。 退院までの期間は、世界的なCovid-19のパンデミックによって引き起こされた臨床資源及び病床数の世界的な不足状況が要因となっている患者の入院期間に対して、アビガンが現実的な効果を発揮するか否かを判断するための最良のエンドポイントです。

今回の結果は、COVID19が原因の患者に対する早期治療開始の一環として、アビガン(または同様の経口若しくは注射可能なRNAポリメラーゼ阻害剤)などの抗ウイルス剤が有効である場合があるという仮説にとって、有利な結果となりました。

このたび、日本で行われた臨床試験や実例試験で確認された良好なサブグループデータが裏付けとなったことで、Dr.Reddy’sとGlobal Response Aidは、COVID-19が原因である軽度~中等度の症状を持つ患者の早期治療薬として、アビガン使用の有効性を決定することが目的である第3相臨床試験の実施を加速することに合意しました。 また、COVID-19の患者に対する早期治療薬としてのアビガンの有効性を評価する追加の研究も開始され、感染により入院または他の集中的な介入が必要となる前に、症状を緩和して疾患の進行を防ぐことを目的としています。

COVID 19が原因となる中等度~重度の入院患者を対象とした研究から確認できたその他の発見としては、アビガン対プラセボの持続的な低酸素解消までの時間の1日短縮が確認されたことです。 解決は、7日間対8日間で生じました。 しかし、こちらの研究は統計的有意性の閾値を達成することができず、中止されました。 入院患者の研究の一部であった353名の被験者における完全な最終データの分析は、2021年2月末までに利用可能となる予定です。

こちらの研究は、クウェートでのアビガンの臨床プログラムの一環として行われ、外来や入院患者を対象としたCOVID-19の無症状から重症までの幅広い症例が対象となっています。

最新ニュース

Dr. Reddy’sについて

Dr. Reddy’sについて

Dr. Reddy'sについて:Dr. Reddy's Laboratories Ltd.(BSE:500124、NSE:DRREDDY、NYSE:RDY)は、更なる健康的な生活に向けた革新的な医薬品を、お求めやすい価格で提供することに注力している総合製薬企業です。Dr. Reddy'sは、医薬品サービスや活性成分製造事業、グローバルジェネリック医薬品事業、自社製品事業の3つの事業を通して、API、カスタムファーマシーサービス、ジェネリック医薬品、バイオシミラー、差別化された製剤などの製品とサービスのポートフォリオを提供しています。当社の主な治療分野は、消化器、循環器、糖尿病、腫瘍、疼痛管理、皮膚に関連する領域です。Dr. Reddy'sは世界的な市場で事業を展開しています。主要な市場は、米国、インド、ロシア、CIS諸国、ヨーロッパです。

詳細は www.drreddys.com よりご確認ください。
Global Response Aid(GRA)について

Global Response Aid(GRA)について

世界をリードするロジスティクス企業のAgility(KSE/DFM:AGLTY)は、COVID-19の大流行やその他の公衆衛生への脅威によって引き起こされる市場の課題に対処するために、Global Response Aid(GRA)を創立しました。GRAは、多様な医薬品とテクノロジープラットフォームを通じて、革新的かつ効果的なヘルスケアソリューションを提供しています。政府、規制当局、病院、診療所、医療提供者、ライフサイエンス企業、NGO、公的機関と密に連携することで、公衆衛生上の課題に対応していくための戦略を策定しています。

詳細は www.globalresponseaid.com よりご確認ください。